2017年5月19日 (金曜日)

花の谷

続き。隣接する相模原麻溝公園の“花の谷”で。

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビカズラ

NHKの“連続テレビ小説”「ひよっこ」で相模原公園で撮影した場面が放送された。公園のグリーンハウスでは白井源三写真展「丹沢、ツツジの頃〜シロヤシオ、トウゴクミツバツツジ、ブナの彩〜」が行われていることだし、天気も良かったので、ぶらりと公園に行った。グリーンハウスでは「季節の盆栽・山野草展」も行われていた。園内を一回りした。放送のことはすっかり忘れていた

これは「トビカズラ」の花。説明板によると、「九州のごく一部の地域にのみ自生する希少な種です。龍の爪にも例えられる蝶型の特徴ある花は一つが8㎝ほどにもなります。ブドウの房のように連なって下がるさまは、ニンニクに例えられる独特の香りとともにユニークです。」【常緑広葉樹(つる) / 学名:Mucuna sempervirens / マメ科 トビカズラ属 / 花期:4~5月頃】
トビカズラ

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木曜日)

エゴノキの花

今の時期どこでもよく見かける。花には芳香があるそうだけれど、気づかなかった。花のあとに灰白色の卵型の実がつき、やがて茶色の堅い種子が現れる、木の実のようなこの実がサポニンを含むので口にするとえごい(醶 い、えぐい)、それが名前の由来、だそうだ。

エゴノキの花

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金曜日)

草むらで

 きょうは日中晴れて気温が上がったけれど、夕方になって曇って気温も下がってきた。あしたはざあざあ降りの大雨で気温は4月並みになると。これはよく晴れたきのう、スタジアムの程よく茂った草むらで撮ったもの。遠くで草刈り準備が進んでいた。写真を撮ったあたりも茂りすぎる前に草刈機が襲ってきそう。

これは触角が長いからニッポンヒゲナガバチだろうか。うしろ脚を浮かせてアカツメクサに頭を突っ込んでいる。
アカツメクサにニッポンヒゲナガバチ

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金曜日)

藤棚

薫風さわやかな「こどもの日」、快晴の天気にさそわれて薬師池公園に行った。藤棚のフジは見ごろを迎えていたが、花の密度は思ったより低かった。
密度が高かったのは駐車場。道路は混んでいなかったのに、公園の手前で初めて見る臨時駐車場がつぎつぎと現れ、これでは本来の駐車場はとっくに満車だろうと、急いでその一つに入ったところが、そこはすでに満車で、先に入って出ようとした車もうしろから入ってきた車も動けなくなった。誘導員に案内されて、なんとか別の駐車場に入った。
きのうの河川敷の広大な駐車場に入るのにも(混乱はしなかったけれど)50分近くかかった。こんなときに動かなくてもよかったのに天気が良かったからつい出かけた。

藤棚

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木曜日)

相模の大凧揚げ

午前中に相模川の河川敷に大凧揚げを見に行った。相模原市のサイトによると「新戸会場の八間凧は、14.5メートル四方、約950kgものサイズであり、毎年揚げているものとしては日本一の大きさを誇っています。巨体が空に浮かぶさまは壮大そのものです。」ということだが、午前中は「巨体が空に浮かぶ」には至らなかった。適切な風が吹かなければ、いかな巨大凧でも如何ともしがたい。タコ焼きを食べて帰った。

相模の大凧揚げ

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火曜日)

タケノコの季節

きのう“たけのこご飯”を食べた。そういう季節だ。タケノコが伸びるとき、同じ地下茎につながる竹は養分をタケノコに取られて葉が黄色っぽくなる。竹が身を削ってタケノコに回した養分を人間が食べる。

竹の秋

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月曜日)

フジ

フジは咲いたかと公園に行ってみた。遠目にはよく咲いているようだったが、近づいてみると花が開いているのは房の上のほう、棚に近いあたりで、垂れ下がった部分はまだ見ごろではなかった。隣にある白フジは房全体に咲いていたが、通路の上にあって棚が高く下を人が行き交う。行ったのは午前中で最初晴れていたが帰るころには曇った。午後は雨が降ったり雷が鳴ったりまた晴れたり。

フジとツツジ

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木曜日)

楓若葉

カエデは二度美しい。春の若葉のすがすがしさは秋の紅葉のあでやかさとは異なる魅力を持っている。

若楓

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火曜日)

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ(一人静)。かたわらの立て札には「4枚の葉の間から、白く短い穂状花序を立てる姿は確かに一人静ともいえるが、写真のようにまとまって咲き、とても賑やかな雰囲気である。白いブラシのような花は雄しべの花糸で、花弁はない。公園の林内では同属の二人静とのコラボレーションもいい。北海道~九州、中国、朝鮮半島に分布。」とあり、この説明文の上にまとまって咲く写真がある。下のヒトリシズカは「確かに一人静ともいえる」ヒトリシズカ。まもなく賑やかになりそうだが、いまはひとり静かにたたずむ。

ヒトリシズカ

〈写真をクリックすると別画面で大きく表示されます〉

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«シャガ