2018年10月17日 (水曜日)

ホトトギス

「ホトトギス」は鳥の名前なのに、それをまるまる横取りして花の(というか草の)名前にしている。もっとも、漢字で書くと、鳥のホトトギスは杜鵑、花の(というか草の)ホトトギスは杜鵑草。
杜鵑草はいろいろな種類があるらしい。ホトトギス、ヤマホトトギス、ヤマジノホトトギス。外国産のタイワンホトトギス。以下は黄色で、チャボホトトギス、キバナノホトトギス、タカクマホトトギス、トサジョウロウホトトギス、キイジョウロウホトトギス、キバナノツキヌキホトトギス。ほかにも、スルガジョウロウホトトギス、サガミジョウロウホトトギス。タマガワホトトギス。交配種で、コハクホトトギスなど。
 この花は何ホトトギスなのか、分からない。

ホトトギス

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土曜日)

ジュウガツザクラ

公園のジュウガツザクラ満開だった。

ジュウガツザクラ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金曜日)

柿の木

畑の中に、いっぱい実をつけた柿の木が立っていた。近づいてみると、柿の木は道の脇にあり、道にたくさんの柿が落ちていた。向かい側はんじん畑。長袖シャツを着ていたけれど暑くて腕をまくっていたので、あちこち蚊に食われた。

柿

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火曜日)

ススキ

暑さが収まってから季節が目に見えて進み始めたように感じる。秋の空を背景にススキの穂が形よく広がっていた。手前のセイタカアワダチソウはまだ伸び盛り、色も淡かった。

ススキとセイタカアワダチソウ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日曜日)

キンモクセイ

「大型で非常に強い」台風24号が沖縄を荒らし、九州を荒らそうとしている。関東に来る前にきのうのうちに、小雨が降っていたが、9月の終わりの公園を歩いた。至るところにキンモクセイが、丸い樹形の全身をオレンジ色にして咲いていた。こんなにたくさんのキンモクセイが植わっているとは知らなかった。

キンモクセイ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土曜日)

秋の風情

雨のしずくのたくさん残った公園を歩いた。きのう一日中小雨が降り続いたからその雨のしずくだろうが、きょうの夜明け前にもちょっと降ったらしく、そのしずくのほうが多いかもしれない。公園は秋の風情が少しずつ増しているようだ。時間がなかったので目についたものだけ写真に撮った。秋の風情というよりは、雨後の風情といった趣になった。

雨後のハギ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火曜日)

ヒガンバナ

ヒガンバナがあちこちで満開を迎えつつあるようだ。この写真の場所には初めて来たが、ここもなかなかのものだった。ただ、蚊も多かった。半袖シャツで行ったので、むき出しになった二の腕から指まで左右とも蚊の襲撃に無防備で、ホロセだらけになってかゆくてかゆくて、途中で退散した。

ヒガンバナ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水曜日)

コヒルガオ?

きょうはさらに気温が下がり、朝の最低気温は18℃ぐらいまでになった。最高気温も23℃ほどにしかならなかったようだ。風が吹くと肌寒かった。ゆっくり歩いているうちに体が温まった。
地震のあった北海道は、きょう釧路地方の弟子屈町川湯で(きのうは稚内市沼川で)氷点下になったとか、大規模な土砂崩れが起きた厚真(あつま)町ではきのうだが未明の気温が5.4℃だったとか、読むだけで寒くなる気温になったが、同じ空気が関東地方まで流れてきたわけだ。週間予報10日予報などを見ると、今後30℃を超える日もあるようだが、全体としてはどんどん秋に向かっている。
これは花が小さいようだったから、ヒルガオでなくコヒルガオではあるまいか。花期はどちらも6月~8月となっているから、そろそろ姿を消すのだろう。だが、ヒルガオには(アサガオにも)仲間がいろいろあるらしく、この見立てが合っているのかどうか自信がない。

コヒルガオ?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火曜日)

マルバルコウ

けさは20℃前後まで気温が下がった。日中も25℃まで上がったかどうか。歩くと汗をかいたのは湿度が高かったのかもしれない。
マルバルコウをだんだんとあちこちで見かけるようになってきた。北アメリカ原産の帰化植物だそうで、江戸時代末期に入って来たらしい。国立環境研究所のサイトでは侵入生物データベースに載っていて、西日本を席巻し終わって、関東地方にじわじわと侵入しつつある、というところか。この花の色はいい色でわたしは好きなのだが、増えすぎないでほしい。何ごとも節度が必要だ。と雑草に説教してもしかたがない。
この蔓はマルバルコウ自身なのかヒルガオなのか、確認しなかった。

マルバルコウ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土曜日)

森のベンチ

きょうは気温がまた上がって、湿度も高くなったようで、風はあったけれど、歩くと暑かった。森の中に日が差し込んでベンチとテーブルに木漏れ日が落ちていた。将棋を楽しむ人たちがいなかったのは、暑い間は夏休みだろうか。

森のベンチ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雨後のきのこ